Litematicaのまるひ機能をつかう

Published by alumina on updated on

Litematicaは建築物の表示をしてくれますが、

間違ったとこに置くとすげー見にくい
スポイトでホイールクリックを押すのが面倒
表示通りに置こうと思うと土台が必要

なんて思ったことがありませんか?ありますよね3D地上絵とか。

これから紹介する機能は非常に便利ですが、Minecraftのサバイバルでの建築環境を破壊しかねません。チート級の機能ということです。使用は自己責任で。

Easy Place Modeでできること

とりあえず確認してるのは

  • schematicにないブロック設置の防止
  • 土台なしで空中にブロック設置
  • スポイト機能の自動化
  • ブロック設置範囲の拡大

がサバイバルでできてしまいます。階段の向きなどは自動になりません。

ON/OFFのショートカットを設定する

メニュー
Configuration menu
Hotkeys
でホットキーの設定を開く。

easyPlaceToggleにキーを設定します。

今回は右のCtrlキーに設定した

つかいかた

schematicファイルを用意して例えばこんなものを作るとき

さっき設定したキーを押します。
ONになったよと表示が出ます。

ブロックがインベントリにあるなら、右クリックを押すだけでスポイト、設置がされるはずです。

表示を消したもの。空中に置けている。

間違ったところに置こうとすると
警告表示とともに阻止されます。

もう一度設定したキーを押せばどこにでもブロックを置けるようになります。